カラコンの度ありが人気

遠視用カラコンについて

乱視用カラコンよりも探すことが難しい遠視用カラコン。
取り扱っているカラコンサイトはあるのでしょうか?
国内での承認は取れていません。

 

度ありカラコンのパワー選択欄を見ると、ほぼマイナス数値がついていると思います。
カラコンの度数は、度なしを0.00として、度数が上がるごとに0.25ピッチで-1.25や-4.50という表示になっていますよね。
これはすべて近視対応の度数になっていて、遠視の場合はプラス表記になります。
ですが、+2.00のような遠視対応のカラコンは残念ながら国内では医療器具としての承認が取れていません。
販売はもちろん製造しているブランドも、国内にはないのが現状ですので、遠視の人でどうしてもカラコンが欲しいと考えるのであれば、個人輸入に頼るしか方法がないのですね。

乱視用カラコンよりは安価

乱視の度数は人によってずいぶんと差があり、ほとんどの場合オーダーメイドという方式でしかカラコンを購入することはできませんが、とても乱暴な表現方法をするならば、遠視は近視の逆パターンということになりますので、度数合わせは乱視ほどむずかしくはないんです。個人輸入サイトを利用するしかありませんが、乱視用カラコンと比べれば若干ではありますが、安く購入できるようですね。
使用期間も1年のカラコンが多いようですので、しっかりケアすることと眼科での定期検診は必須ですよ。
遠視用カラコンの取り扱いサイトにもよりますが、カラーやデザインレンズサイズのバリエーションは、想像以上に豊富です。
比較的ナチュラル寄りの色合いが多めかもしれませんが、デカ目効果の高いものもありましたよ。

 

 

自己責任になります。

 

国内の遠視人口が少ないのかもしれませんが、クリアコンタクトには遠視用はありますし、カラコンも遠視用を作ってほしいと思うのが本音ですよね。
現状では、韓国などのサイトを利用するしかありませんけれども、安全性という点では幾分不安が残らなくもありません。
購入される人も、できるだけたくさんの情報を集めて、長所も短所も把握したうえでの購入が望ましいと思います。
必ずしも国内承認が取れているから安全。医療器具として認められているから安全。というわけではありませんが、少なくとも日本の安全基準には満たないものが多いということになりますので、基本的なカラコンの扱い方はもちろんのこと、細心の注意を払って使用してください。
万が一トラブルが起きたとしても、自己責任になってしまうので念には念を入れて情報収集と入念なケア、大切な目に負担がないようにカラコンを選んでくださいね。