カラコンの度ありが人気

度ありカラコンの購入方法について

本来ならば眼科での購入か、眼科と提携しているショップでの購入が望ましいコンタクトレンズ。
ですが、眼科や提携ショップで取り扱っているカラコンは、ごくごくナチュラルなサークルレンズに限定されると思います。
いわゆる盛れるカラコンを購入するには、どうしたらいいんでしょう?

度ありカラコンをネットで通販する際処方箋がいらない

眼科で院内販売されているものや、提携ショップに処方箋を持って行って購入するというのが、堅実なカラコン購入の方法であることは間違いありませんよね。
安全面を考えても、眼科医が太鼓判を押しているものが一番安心なのだとは思いますが、正直にいえばほとんど着けていることが解らないカラコンばかりです。
カラコンは雑貨ではなく医療器具ですので、本来ならば処方箋が必要になるのですが、ネットでの販売は処方箋の提示は必要ではなくなってきました
逆をいえば、眼科にも行かず自己判断でカラコンを購入できてしまうという、少し怖い面もあるのですが、気づいたら手持ちのコンタクトが底を尽きかけている。
メガネも度は合わなくなっているし、コンタクトがないと外を歩けない。というときでも、ネットから注文すれば、早い場合ならば翌日には届いてしまうという利点はありますよね。

安全基準は大切ですよ。

度ありでも度なしでも、カラコンでもクリアコンタクトでも『高度管理医療器具』であることには違いはありません。
ネットでの購入ならば処方箋はいらないと書きましたが、カラコンを販売するには『高度管理医療機器等販売許可』という許可証が必要になります。
そして、国内販売を認められているカラコンには『高度管理医療器具』の番号が必ず記載されているはずなのです。
これは、厚労省が定めた安全基準をクリアしている証明です。
承認の取れていないカラコンを個人輸入販売しているサイトなどもありますが、処方箋の提示が必要でない以上、安全かどうかの判断は自分で見きわめるしかありませんよね。

定期検診は忘れずに

度ありカラコンを使用したいと思う人は、今までもクリアコンタクトなりメガネなりで眼科に通っている人がほとんどですよね。
カラコンはネットで販売されていますし、好きな時に注文できて自宅に届くという利点はありますが、だからといって眼科に通うことはやめないでくださいね。
カラコンはメーカーによってベースカーブに違いがありますし、視力は意外と変わりやすものですよね。
また、カラコンは比較的疲労度が高いものですから、3カ月ごとの定期検診は忘れずに行って目の健康には気をつけてくださいね。