カラコンの度ありが人気

度ありワンデーカラコンについて

目の悪い人にとっては、必須アイテムのコンタクトレンズ。
カラコンも着けたいけれど、ケアが面倒という人も多いでしょう。
まだまだ数には限りがありますが、ワンデーのカラコンもずいぶん増えてきていますよ。

ナチュラルなものが多め

度ありのワンデーカラコンは、全体的に見てみると、ナチュラル系カラコンが多いですね。
学校や職場でも浮かないような、着色直径の小さめのものから、大きさはしっかり盛れるサイズだけれども、カラーはブラウンやブラックといった自然なものがほとんどでしょう。
ハーフ系カラコンの人気も高まっていますが、淡い着色のものでも、ナチュラルカラーはあります。
ですが、ブルーやグリーン、パープルといった色合いのもので、度ありのワンデーは探すのが難しいかもしれませんね。
比較的派手コンと呼ばれる部類のデザインやカラーでも、ヘーゼルやベージュといった薄いブラウン系のものに限定されてしまうかもしれません。
もしくは、ベーシックなグレー、とても数は少ないですが淡くピンクが混じっているデザインがあるくらいかもしれません。
これだけデザインやカラーが豊富なカラコンですが、度ありワンデーと限定してしまったとたんに、選択肢はぐっと少なくなってしまうのが現状ですね。

 

週末だけカラコンという人にも度ありのワンデーはおすすめ

ワンデーカラコンは1日分が1枚ずつ小分けになっていますし、開封しない限り使用期限は長いですから、平日はクリアコンタクトやメガネを使用していて、お休みの時だけカラコンを使うという人にはぴったりのアイテムですね。
マンスリーのカラコンですと、週末限定で使用する場合、月に8〜9日しか使わなくても、捨ててしまわなければなりませんよね。
ワンデーはコストパフォーマンスが悪いと思われがちですが、日常使用しない人にとってはマンスリーよりもコスパはいいのです。
ケア用品等も必要ないですし、手間なしだということもおススメの理由です。

 

ワンデーは使い分けできるという利点

デイリーでカラコンを使用していても、途中で飽きてしまうということがよくあります。
カラコンの種類は多種多様ですし、TPOに合わせてカラコンも着替えたいこともありますよね。
マンスリーカラコンだと、1カ月間いっぱいまで使わないともったいないという気がしますが、ワンデーであれば何種類も買い置きしておいて、その時々に合わせてカラコンを選ぶことができるのです。
度数も、幅広いメーカーですと-10.00まで展開していることもありますので、すごく目が悪いからカラコンは諦めている。という人でも使えるものがありますよ。